ホーム1週間食費 ≫ 秋の味覚、秋刀魚を丸ごと食べつくし節約【1週間1万円の食費計画10/9~10/16】

秋の味覚、秋刀魚を丸ごと食べつくし節約【1週間1万円の食費計画10/9~10/16】


秋のお魚というと、真っ先に食べたいのが秋刀魚。

節約主婦の食卓には秋刀魚がよく食べられることになるのですが、やはり小さいサイズですよね。

そんな秋刀魚、肝まで食べられるという。しかも美味。

今日は1週間1万円の食費計画10/9~10/16をしますね。
entry_img_798.jpg
↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

秋刀魚が大好きな我が家。

塩焼きにすることは、ほとんど無く、全てたたきで頂いています。

秋刀魚の型が大きいときには、内臓まで利用することは無く捨てていました。

しかし、今年の秋刀魚はほんとに小さいですね。

なので、少し手を加えて丸ごと食べつくしてみました。

そうそう、ここのところ、野菜の高騰も続いていますね。

スーパーを覗くその値段にびっくり⇒野菜高騰、そんなときに利用したい野菜とは?【1週間1万円の食費計画10/2~10/8】

今週は、魚利用の1週間久々に予算をキープです。

【週間1万円の食費計画10/9~10/15】は1万円の予算から9,438円使っています。

562円節約できました!

■今週夕食に食べたものは■

日 さんまたたき(300円)
月 はらこめし(700円)
火 はらこめし(0円)
水 さばみそに(200円)
木 カツどん(300円)
金 秋刀魚つみれ汁(0円)
土 秋刀魚たたき(500円)

秋刀魚率高いです。

いつも捨てていた肝、骨をりようしていました。

■秋刀魚の肝しょうゆの作り方■

秋刀魚の塩焼きなら、肝もつけたまま、まるっと焼きたいところですが、生で食べるとなると、内臓部分は捨てていました。

どうやったら、いただけるのかネットで探してみると、肝しょうゆや肝焼きなるものを見つけました。

そこで、肝しょうゆ作りに挑戦。ネット手見たものを少しアレンジ

材料

秋刀魚の肝 3匹分
しょうゆ  20C
みりん  10CC
酒     10CC

ねぎ、ショウガ お好みの量



1 秋刀魚の肝を潰して、しょうゆ、みりん、さけを加えます。

2 これをなべに移して一に煮立ち。

3 器に移し、ねぎ、ショウガを入れて出来上がり。

こちらのソース、秋刀魚の塩焼きの変わりに、肝しょうゆをつけて焼くと、内臓の苦味が程よいアクセントになるようです。

私は、ナスを蒸し焼きにして、漬けだれとして利用しました。

みりんを入れたので、蒲焼風お味、苦味があるので、好みが分かれるしょうゆだと思います。

■秋刀魚の骨の利用■

秋刀魚の骨の部分は、その部分だけ、焼きました。

そして、だしとして利用。

いつも煮干でとる出汁を、焼いた秋刀魚の骨に変えてみました。

秋刀魚の骨なのですが、脂が乗ってるおだしが取れます。

秋刀魚のお味が前面出でてくるので、大根や豆腐などあっさりとした食材と組み合わせて、味噌汁で頂きました。

小さい秋刀魚ですが、生でいただけるのは今だけです。

秋刀魚の肝しょうゆも、蒲焼風にしたら、おいしいかもしれません。

私もいつかお試ししてっみますね。
















Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル