ホームSeria(セリア) ≫ ウエットシートを片手で楽々ワンプッシュオープンに変える!100均セリア「ウエットシート用フタ」とは?

ウエットシートを片手で楽々ワンプッシュオープンに変える!100均セリア「ウエットシート用フタ」とは?


みなさん、ウェットシートを購入するときは容器に入っているものを購入しますか?

それとも容器なしのシールでふたをされているタイプのものを使いますか?

私は、場所をとらない容器なしタイプを購入しています。

しかし、このタイプはシールでふたをしている為に、だんだんシールの粘着力が弱くなってしまいます。

それを解消するための「ウエットシートシート用フタ」という商品を100均のセリアで見つけました。

お試ししてみたのででそちらをお見せしますね。
entry_img_790.jpg

↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

車の窓を拭くクリーナーは100均のダイソーで購入したウェットタイプのものを使っています。

こちらは、容器には入っていないタイプ。シートを取り出すときは、シールをはがして1枚づつ取り出します。

犬と一緒に車に乗る機会が多く、言うのぬれた鼻先がガラス窓にあたり、点々と汚れがつくのです。

そんなときのために窓拭きクリーナーはいつも車に乗せています⇒簡単に車の掃除ができる!100均ダイソー「車内窓拭きクリーナーシート」で窓の汚れ落ちを検証

シールタイプのものは、何度も窓拭きシートを取り出すためにだんだん粘着力が弱くなります。

容器のあるタイプだと、車に乗せるためには収納場所が必要になります。

場所をとらず、そのままビニールに入っている窓拭きクリーナーをワンプッシュオープンに変えられると言う「ウエットシートシート用フタ」を100均のセリアで見つけました。


■「ウエットシートシート用フタ」とは?■
2016-10-6ey1.jpg
100均ショップ セリア
「ウエットシート用フタ」

材質
本体 :ポリプロピレン
ヒンジ部分 :シリコンゴム
粘着テープ :アクリル/ウレタン系

耐熱温度・耐冷温度
本体 :120℃/-20℃
ヒンジ部分 :140℃/-30℃

サイズ :約82×120×110mm(外形)

■「ウエットシートシート用フタ」取り付け方■
こちらの「ウエットシートシート用フタ」は取り付け口が(約)縦44×横76×以下のウェットテッシュ袋に利用できるます。
2016-10-6ey2.jpg
こちらの商品を裏返すと、回りに粘着テープが付いています。

・ウエットテッシュの袋についているシールをはがします。
・本体のシール部分をはがししわや隙間が出来ないように貼り付けます。

2016-10-6ey3.jpg

こちらのフタは、繰り返し使える粘着テープタイプです。

シートがなくなったら、粘着テープを本体からゆっくりとはがして、新しい袋へすぐに取り付けます。

■「ウエットシートシート用フタ」を片手で楽々オープン■
2016-10-6ey4.jpg
こちらダイソーの「車内の窓拭きシート」へ取り付けてみました。

小さな突起の部分をワンプッシュすると、ポンとフタが開きます。

内側に小さな突起があり、これでシートを1枚づつ簡単に取り出すことが出来るようになります。

片手で、楽々ワンタッチオープン、ワンプッシュでふたが開くのは意外と便利です。

旦那様は片麻痺です片手しか動かないので、シールタイプを外すのは困難です。

窓を拭きたいときは、私が助手席に載っているときのみでした。

片手でふたが開き1枚づつ取り出せるのであれば一人で窓拭きができるようになります。

しかも、閉めるときは上から押せば片手でぱちんと閉めることが出来るのです。

こちらの商品、繰り返し使えると書かれているのです。

繰り返し使える商品であれば、100均の優れものグッズだと思うのですが、付け替えた後のシール部分の粘着力が気になるところですね。
「ウエットシートシート用フタ」を付け替えた時には、こちらで、使用感をお話しますね。














Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル