ホームダイソーコスメ ≫ 液体ソープが泡立つソープに変わる!日本で作った100均ダイソーの「弱酸性ボディーソープ」を「ふわ泡ポンプボトル」で使って見た

液体ソープが泡立つソープに変わる!日本で作った100均ダイソーの「弱酸性ボディーソープ」を「ふわ泡ポンプボトル」で使って見た


我が家のお風呂で使う石鹸はボディーソープ派です。

いつも、ホームセンターそのときの気分で購入していたのですが、今回100均のダイソーでボディーソープを見つけました。

しかも、日本で作られていると書かれているじゃありませんか。

迷わず購入、それを「ふわ泡ポンプボトル」に詰め替えてみました。

果たして泡立つのか、今日はそのお話をしますね。
entry_img_754.jpg
↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

お風呂の石鹸は固形石鹸派?それともボディーソープ派ですか?

我が家はボディーソープ派です。

片麻痺の旦那はボデイーブラッシを使って泡立て、私は手であわ立てています。

先日、同じダイソーで「ふわ泡ポンプボトル」を見つけました。

こちらのボトル、普通の液体ソープを入れることができるのですよ。⇒液体ソープを泡ソープに!100均ダイソーの「ふわ泡ポンプボトル」を転写シールでリメイク

日本で作った弱酸性ボディーソープとは?


DAISO SELECTの商品ですね。

肌と同じ弱酸性の身体洗浄料です。

ハーモニーローズの香りがついており、ちょっと、だけゴージャスな気持ちを味わえます。

内容量は280ml

もちろん、日本製の液体ソープです。

弱酸性ボディーソープをポンプボトルに入れてみる。

2016-8-31ey1.jpg

「ポンプボトル」に液体ソープを入れました。

こちらの、「ポンプボトル」は液体ソープを使えるものです。

下から5mlほど、原液の液体ソープを入れます。

そのあと、5mlの10倍のぬるま湯を入れて、くるくると原液ソープをぬるま湯と混ぜます。

そして、そのままふたを閉めました。

「液体ソープ」が濃すぎると目詰まりを起こすこともあるようです。

2016-8-31ey2.jpg

蓋を閉めた後、2.3度ポンプを押してみました。

すると、このように泡になって出てきます。

普通の「液体ソープ」も泡ソープに変身です。

弱酸性ボディーソープをポンプボトルを使った感想

2016-8-31ey3.jpg
こちらは「液体ソープ」を「ポンプボトル」に入れて2日目のものです。

実は、液体ソープとぬるま湯の部分が上下分かれていました。

そのまま、ポンプを押してみると、「泡のソープ」が出てきます。

ただ、薄めたソープの泡は、はかない感じの泡なんです。

ちょっと、触ると消えてなくなりそうです。

そのせいで、何度も、泡ソープを出すはめになってしまいました。

しっかりした、泡がお好みの方には、薄める「液体ソープ」ではなくて、はじめから「泡ソープ」を使うことをお勧めします。

少し、しっかりした泡にするには、少し濃い目に「液体ソープ」を作ると良いと思います。








Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル