ホーム100均ショップ ≫ ダイソーの「ホワイトミニパイ皿」をオリジナル食器に★セリアの「陶器用転写シート」の使い方その1

ダイソーの「ホワイトミニパイ皿」をオリジナル食器に★セリアの「陶器用転写シート」の使い方その1


セリアで購入した「陶器用転写シート」

オリジナル食器を作ってみたくて、100均ショップのダイソーでオーブン対応の「ホワイトミニパイ皿」を手入れました。

さっそく、「陶器用転写シート」を試してみたので、その使い方のお話をしますね。
entry_img_688.jpg
↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

ピースマークがかわいい、「陶器用転写シート」

こちらは、オーブン対応のお皿に絵柄を転写できるというシールです。

ガラスや木材、紙などに転写できる、転写シートはリメイクに便利でいろいろストックしています⇒アイロンの霧吹き代わりに使える!100均セリアのシンプルな「スプレーA」を簡単リメイク

手軽に使える転写シートとは違い、こちらは、オーブンを使って食器に焼き付けをしていくのです。

この作り方が、何となく陶芸の仕上げをしているかのようで、楽しそうに感じました。

「転写シート」の詳しいお話はこちらにも書かれています⇒ オーブンで焼き付けでオリジナルの食器に!100均セリアの「陶器用転写シート」

オーブンで焼き付けるために用意した皿はダイソーの「ホワイトミニパイ皿」です

ダイソーの「ホワイトミニパイ皿」とは?

2016-6-24ey1.jpg

100均ショップ ダイソー
「ホワイトミニパイ皿」約10㎝

直火 :不可
オーブン :可
レンジ :可
熱湯 :可
食器洗浄機 :可

中国製ですね。

こちらのお皿は、直火以外はすべて大丈夫です。オーブンで使えるので、ミニグラタンなどでもよさそうですね。 

セリアの「陶器用転写シート」の使い方


ダイソーの「ホワイトミニパイ皿」約10㎝に、「陶器用転写シート」を使ってみました。

この「転写シート」は2日間かけて転写をしていきます。

今日は、1日目の工程をお見せします。

1 「陶器用転写シート」のお好みの絵柄をカット。カットした絵柄をお湯(40℃)に10秒浸します。
2016-6-24ey3.jpg

ひび割れや、しわを防ぐために陶器も一緒に温めておきます。
2016-6-24ey2.jpg

 約40℃のお湯で大丈夫なのですが、陶器は冷たいのでしっかりと温めるために温度計で測ってみました。

2 絵柄を位置に乗せ、下の白い台紙だけ抜きます。

3 乾いた布やテッシュなどで押さえるようにして空気と水を押し出し、しっかり水分を拭き取ります。

その後、1日しっかり乾燥させます。

1日目の作業はここまでです。


セリアの「陶器用転写シート」を使てみた感想

2016-6-24ey4.jpg


転写シートを見た感じでは、水につけるとくしゃくしゃになるのかなと想像していました。

しかし、その予想は、いい意味で見事に裏切られました。

お湯にぬらして、そのまま、絵柄を食器に乗せたわけですが、意外にもお湯につけた白い台紙は、するりと抜くことが出来るのです。

お湯にぬらした時点で、自在に動くようになるので、しっかりと転写する位置を決めた後台紙を抜き、あとは、テッシュで押さえるように水分を押し出しました。

真上から見ただけではわかりにくい気泡や寄れも、ライトを当てて横から見ると、確認することが出来るのです。

後はテッシュで、水分を拭き取り、半日陰の窓辺で1日放置することにしました。

ここまでの、工程はいたって簡単でした。

絵柄もかわいい。

ますます、オリジナル食器作りに心が弾むようなワクワクを体感しました。

しかし、この工程の後、落とし穴が待っていました。陶器への転写は失敗に向かっていくのです。

つづきは、次の機会にお話ししますね


Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル