ホームトイプードル・節約 ≫ 犬の病気、足が痙攣!岩手大学動物病院の受診とかかった費用は?

犬の病気、足が痙攣!岩手大学動物病院の受診とかかった費用は?


愛犬の病気、言葉を話せないだけに、治りが遅いともぞこくなってきます。

2月に突然右足が痙攣し、普通に歩くことが難しくなりました。

近所の動物病院を受診していましたが、一向に良くならない病状に、大学の動物病院の受診を勧められました。

家のトイプードルが訪れたのは、岩手大学獣医学科の動物病院。保険のない動物の検査、いくら費用が掛かったのか。お話しします。
entry_img_669.jpg

↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


2月に右足の痙攣をおこし、そこから動物病院通いが始まった愛犬のトイプードル。

3月に一時病状が悪化、命の危機にさらされたものの、動物病院の先生の機転で、奇跡的に元気を取り戻したトイプードル。

しかし、それから、薬を手放せない体になってしまいます。⇒愛犬の病気,急に震えが★お薬を飲まない犬に粉薬を飲ませるコツとは?

命の危険を脱出するため処方されたお薬とは。

■処方された薬はステロイド■

病状が悪化した時に、動物病院の先生が処方したお薬は、ステロイドです。

血液検査でCRP値が高く、炎症があることがうかがわれます。その対処療法でステロイドを使用しました。

ステロイドを処方することで、歩行が出来るようになるのです。しかし、ステロイドは長く服用すると副作用が起こると告げられます。

原因が特定できず、炎症に効いているのかわからないのですが、ステロイドを飲むとCRP値は下がるのです。

ステロイド薬を服用しながらも、病状は少しずつ悪化していきます。動物病院の先生も頭を抱えてしまいます。

■岩手大学獣医学科動物病院受診のおすすめ■

病名が特定されないまま、ステロイドを処方され訳ですが、少しずつ悪化してゆく病状に、「こちらの病院で、出来る治療はありません」と告げられます。

近所の動物病院は、人間でいう町医者。病気に対しても浅く広く対応していると告げられます。

ステロイドで病状の悪化は押さえているものの、はっきり悪い場所を特定できれば、より、病気に適した治療を施せる。

病気を特定し、適切な治療を受けるために、専門性の高い岩手大学獣医学科の動物病院の受診を勧められました。

ただ、検査や治療費は10割負担、犬や猫の大学受信は飼い主さんの懐に左右されるのです。

愛犬も私たちにとっては大事な家族。病気をはっきりさせるために大学病院の受診をお願いしました。

■岩手大学獣医学科動物病院受診するには?■

町の動物病院で専門性の高い病院を紹介していただくためには5,000円ほど、紹介料がかかりました。

岩手大学獣医学科動物病院受診するために、動物病院から受診の意志と、その場合の受診可能な日程を3日ほど決めてくるように話されます。

大学の動物病院なので、平日だけの受付となります。

岩手大学には、動物病院といつも連携を取っている内科先生がいましたが、行く日にちによって、担当の先生が違います。

うちの犬の場合、足の痙攣ということで神経科の先生を受診することになりました。

行く日にちを決めて、動物病院から予約をしていただき、動物病院から岩手大学獣医学科動物病院直接紹介状を送付していただきます。

■岩手大学獣医学科動物病院受診にかかった費用は?■

犬が岩手大学獣医学科動物病院受診のためにかかった費用は約9万円です。

愛犬のトイプードルが受けた検査は

1 血液検査
2 胸のX線検査
3 胸部超音波検査
4 全身麻酔
5 MRI検査
6 骨髄液検査

まず、胸部のほうから検査を始め、こちらの検査で病気の原因が特定できれば、MRIなどは行いません。

家の犬の場合、こちらは健康体で、結局MRIを受け頭の断層写真も撮りました。

ここでも、原因は特定できず、結局、骨髄の検査設けることになります。

すべての検査を受けるために買った時間はこちらです⇒愛犬の足の痙攣!大学の動物病院受診にてのMRI検査とかかった時間
■岩手大学獣医学科動物病院受診した感想■

正直、大学の動物病院の受診は、費用が掛かります。検査費用は約10万円ほど、病気が特定されて、薬を処方されればその金額も必要です。

また、手術が必要な場合は、その金額も必要となります。

予測はしているとはいえ、犬の治療、いくら万札が飛んでいくのか、不安は募ります。

しかし心配はご無用、受診の費用は、カード払いが可能なのです。

カード払が出来ることで、大金を持ち歩く必要もなく、かかった費用も後払いが出来ます。

大学の動物病院を受診したことで、治療方針をもう一度考え直すきっかけとなりました。

よくわからない病気の治療は不安をより大きくしていきます。

そういう意味でも、大学動物病院受診を選んでよかったと思いました。




Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル