ホーム1週間食費 ≫ 連休後は終わったの、になぜ大散財をしてしまったのか?【1週間1万円の食費計画5/8~5/14】

連休後は終わったの、になぜ大散財をしてしまったのか?【1週間1万円の食費計画5/8~5/14】


連休が終わりしっかりと財布のひもを締めようと心に誓ったはずが、なぜか大散財。

それには、気持ちが連休モードからうまく切り替えなられないことにありました。

今日は1週間の食費の合計のお話です。
entry_img_650.jpg
↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
5月病とはよく聞く言葉です。新しい環境に変わって、気を張って過ごす毎日。

長い連休とともに、張り詰めた心の糸が切れてしまう。

みなさんもそんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?

入社以来、初の大型連休でした。

正直、アラフィフで今まで経験のない仕事をするのは、こんなにもハードルが高いとは思っていませんでした。

そのため、大型連休は忙しいながらも、心はフリーの状態です。

日曜日の夜には、次の日からの仕事のことで頭がいっぱいです。うまくいかない仕事のことを考えて眠りが浅くなってしまいます。

週の初めから、そのような状態。緩んでしまったペースを取り戻すには時間を要しました。

1週間1万円の食費計画5/8~5/14は1万円の予算から17,983円使いました。なんと7,983円の赤字

久しぶりの大散財です。

■今週夕食に食べたものは■

日 おこわ、白魚(490円)
月 かつお刺身(540円)
火 焼き鳥(290円)
水 焼肉(0円頂き物)
木 チキンカツ(300円)
金 アジの開き、焼き鳥(480円)
土 さしみ(580円)

今週は、お高め食材のオンパレードです。

しかし、大散財の原因はこれ以外にも原因がありました

■なぜ、お高めの夕食になってしまったのか■

今週の食べた食材を見ると、白魚やカツオが登場しています。

この2つは今が旬です。今が一番おいしいとき。海育ちの旦那様、そういうものをちょこっとだけ食べるということはしません。

たっぷりガッツリいただきたいのです。

何もせずに、切るだけ、載せるだけでいただける食材なので、ずぼら主婦にはうれしい食材でもあります。

ただ、旬の食材だけに、少し値段が張っても食べさせたいという思いがありました。そんなわけで大散財をしてしまいます。

■土曜日ストック品をチェックが大散財の原因■

週終わりの土曜日。5日間の仕事を終えて心の休息の日です。

しかし気が付くと健康のためにいただくストック品がほとんどなくなっています。

それらを、一気に購入しました。締めて9,509円、なんと1週間の食費に匹敵します。

それといろいろな山菜を格安で購入、しかし、おすそ分けをしたため、いつもより多めに買ってしまいます。

それが、2つ目の大散財した理由です。

■5月病?心のストレスが溜まってきた日々の食費■

就職して初めての大型連休、気持ちが一気に解放されたぶん、休みが終わりに近づくと一気に緊張が走ります。

滞っている仕事が気になり、夜に何度も目が覚めてしまう始末。うまく回らない頭、仕事がのろくて時間がかかり、そのことが余計にストレスを高めることになりました。

初めの2日間はぐったりと疲れてしまいます。それでも、連休に取り残してしまった作業があり、毎日の夕飯は9時過ぎになりました。

このような、週はしっかり節約に目を向けるよりも、心の安定に努めます。

食事も、頑張って作るよりも、食べたいものを食べて、食べる楽しみを味わいます。こうなるとお財布には優しいとは言えません。これが3つ目の大散財の理由です。

みなさんは、心にたまっていくストレス、どのように解消していますか?週末であれば、森林浴なども可能ですが、平日は難しいですよね。

そんなとき、私こんな言葉ををつぶやきます。「大丈夫、きっとうまくいく」と。

何度も、この言葉をつぶやいていると、何となく、心が落ち着くのです。

仕事のストレスもポジティブな言葉を使うことによって軽減していきます。ただ、ただ、週末のお休みだけを心待ちにして。。

出来の悪いみのる子、今週もしっかり仕事ができるのか、一抹不安を感じますが、1万円を意識することで、食費の節約を狙っていきたいと思います。

Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル