ホームダイソーキッチン ≫ 食品の保存瓶★100均ダイソーの「リビングコンテナM」約450mlで、体ぽかぽか酢しょうがの作り方

食品の保存瓶★100均ダイソーの「リビングコンテナM」約450mlで、体ぽかぽか酢しょうがの作り方


2月に入り、数日間寒い日が続いていましたね。

数週間前に話ですが、日曜日に放送されている「あさチャン」で酢しょうがの作り方を紹介していました。

ダイエット効果についてのお話でしたが、しょうがは高血圧の予防にもなる食材、100均のダイソーで「リビングコンテナM」という保存瓶を購入し、早速酢しょうがを作ってみました。

これは、次の日から食べられるという、便利な保存食。今日は作り方のお話をしますね。
entry_img_560.jpg

↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
寒さが厳しいこの時期。

生姜は、代謝を活発にし体を温める食材として知られていますよね。

生姜の主成分の辛みはジンゲロールで加熱すると生姜オールに変化します。

ショウガオールに変化すると温め効果は10倍になるという事でがどちらも体を温める効果がありますね。

100均のダイソーでは、この生姜を手軽に使える、商品も売られているのですよ⇒化学調味料不使用、ダイソー「ごはんによく合うぶっかけしょうが」を使って節約しょうがご飯!

こちらは、醤油味で味付けされている刻み生姜なんです。このまま食べられるお手軽商品です。

今回は、お酢を使った生姜作りをしてみました。

丁度良い大きさの保存瓶が切れていたので100均ショップのダイソーで見つけた「LIVING CONTSNER]約450mlの保存瓶を使ってみました。

LIVING CONTSNER M」約450mlの保存瓶はこれ


2016-2-16ey1.jpg
「リビングコンテナM」約450ml

材質 :本体 ソーダガラス
     蓋  金属

容量 約450ml

日本製

こちらは、完全に密封できる保存瓶ではありません。

また、耐熱ガラスではないので熱湯や冷水を入れたり、電子レンジやオーブンには使用できません。

熱湯消毒が必要な場合は、耐熱の保存瓶をお使いください。  

しょうが酢の作り方


生姜酢の作り方は、「あさチャン」で紹介していた作り方をそのまま利用しました。

■酢しょうがの作り方 ■

酢 100ml
生姜 100グラム
はちみつ 20グラム

こちらが基本の分量です。

私は多めに作るために、全部の材料を2倍にしました。一気に作って、家事の時短です。
2016-2-16ey2.jpg

酢しょうがの作り方は、とっても簡単です。

しょうがはみじん切りにし、後は保存瓶にすべての材料を入れて混ぜるだけです。

生姜は細かく刻むほど薬効が高まると言われています。

1日置いたら使うことが出来ます。

酢は、お好みのものを使用して良いそうです。

私は、高血圧に最も効果が期待できる黒酢と、手持ちのリンゴ酢をブレンドしました。

しょうが酢を毎日食べて体ぽかぽか


出来上がった酢しょうがでダイエット効果を得るためには、毎日20グラムずつ食べると紹介されていました。
2016-2-16ey3.jpg

私はダイエット目的ではありませんが、数日間試してみました。

私の場合、酢がきつすぎて、そのまま食べるのは困難でした。

なので20グラムにはこだわらずに、毎日サラダなどの入れて頂いています。

夕飯に頂くようにしていますが、しょうが酢をいただくと、体がぽかぽかと温まります。

いつも布団に入ってから、なかなか眠りにつけなかったのですが、酢生姜を食べると体が温まっているので、すぐに深い眠りにつくことを実感しています。

便利で、あっという間になくなりそうだったので、数日後、予備の保存瓶を用意しました、こちらはメモリ付きでとても便利なんです⇒便利な3種類のメモリ付き★100均キャンドゥの「メモリ付保存瓶」を使って「酢しょうが」作り

寒い季節は、体が冷えていると風邪なども引きやすくなります。

刻むだけで簡単に手作りできる、酢しょうがを取り入れて、体ぽかぽか冷えを予防をしてみてはいかがでしょうか?




 

Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル