ホーム50代の仕事の話 ≫ 失業保険、初回認定日に職業相談をお勧めするわけ~50代の就活6

失業保険、初回認定日に職業相談をお勧めするわけ~50代の就活6


雇用保険説明会参加後、1週間で初回認定日になりました。

雇用保険説明会への参加後、4週間ごとに認定日と言うものが定められています。

この認定日までに求職活動の実績が必要となる訳ですが、初回のみ1回の活動で認定されるのです。
entry_img_539.jpg

雇用保険説明会へ参加したことで、1回の求職活動の実績として認められました。

↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
雇用保険説明会参加後の、求職活動は自宅でパソコンを使っての職探しをしていました。

しかし、特別なスキルを持っていない私が、探す仕事は、一般事務のお仕事になります。

50才を過ぎた私には、これはとても高いハードルです。

前回までの求職活動はこちらに書かれています⇒失業保険初回認定日までの求職活動は?自宅のパソコンを使っての仕事探し~50代の就活5

今回、初回の認定日です。

初回認定日に提出したもの


認定日には、前回説明会で渡されている活動実績を書く書類を持参します。

それには、この4週間の求職活動の実績を記載します。

職安意外の求職活動も活動実績になるのですが、派遣会社に登録は実績になりません。

私は、雇用保険説明会へ参加したことで、1回の求職活動実績はクリアーしていました。

この日は、雇用保険の給付課がある大きな職安に出向きます。時間は指定がありました。

総合受付は通らずに雇用保険給付課に直接行き、必要な書類を記載し、印を押し提出します。

そこで、30分位待たされたでしょうか?

名前を呼ばれて、活動実績が受理されると、失業保険受給のおおよその日程と、次の月の認定日を伝えられました。

初回認定日に職業相談をおすすめする訳


認定日に参加すると、次の認定日まで最低2回の求職活動が必要となります。

求人紹介や、応募などの他、職業相談なども実績の一つになります。

職安に行くと、パソコンを使って仕事を検索できるのですが、この検索は求職活動にカウントされません。

ただ、職業相談を行った後の1回のみ求職活動としてカウントされるのです。

ですから、認定日の後、職業相談をして1回の求職活動。

職業相談した次の日から、職安のパソコンを使って仕事を検索すると1回のみ求職活動としてカウントされます。

職業相談を行わずに、職安のパソコンを使って仕事を検索しすると活動実績として認められません。

職業相談を受けた後、職安のパソコンを使って、仕事を検索することで、次の認定日までの最低2回の求職活動は、クリアーできるのです。

私は、今出されている求人情報を把握したかったので、職業相談をする前に職安のパソコンを使って、仕事を検索してみました。

その後、職業相談を申し込みました。

初めての職業相談で聞いたこと


初めての職業相談で、50才で職探しもかなり難しいことなど、不安な点も気持ちも含めて相談してみました。

また、今までのスキルから、どのような仕事を探すのが良いのか、仕事の幅の広げ方など質問をしてみました。

私は少しCADが使えるのですが、この仕事に限ってしまうと、派遣しかないと言われました。

しかし、職業相談の担当の方は、派遣はあまりお勧めではないと話します。

丁度、去年の話で派遣法が変わったころにかかっていました。

もし派遣で仕事が見つかったとしても、3年で失業です。

3年後にはさらに年齢があがり、ますます、就職は困難になることが見えていました。

今後の就職活動は


前回派遣で働いていましたが、これは職業訓練を受けたことがあり、その先生に派遣での就業を勧められました。

私はこれまで建築の図面にかかわるお仕事の経験が多く、少し特殊だったからだと思います。

その頃は、専門職ですと、派遣でも3年以上の就業が可能でしたです。

実際、私の派遣されていた会社の東京の派遣社員さんたちは、長く働いている方がたくさんいらっしゃいました。

しかし、昨年の秋、派遣法が変わり、その保証は無くなってしまいました。

それで、職安の職業相談の方は出来るだけ、長い雇用を探すようにアドバイスをくださいました。

今回の求職活動は、私のスキルで出来ることに幅を広げ求職活動を開始することにしました。

派遣を除いて、出来るだけ長く雇用して頂ける職業を探すことです。

とは言っても、ハードルは限りなく高い。ここから、落ち込むことばかりの就職活動が続くことになります。



Ads by Google

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

こたろうさま

こんにちは、お返事が遅くなりましてすみません。


そして、お越しいただきましてありがとうございます。

ただ今、就活中ですか。しかもがんを患ってとのこと。
うちの主人も9年前片麻痺の障碍者となりました。

我が家の主人は技術職だったこともあり、少しづつ仕事をして自信をつけた次第です。
正直、亀のような歩みですが、時間薬で体の使い方を身に着けている気がします。

そして、50代の就職・
そうですか活動実績は震災の特例だったのですね。
実は、私の場合、気になる求人を見つけた時には職業相談を受けていました。

こちらが、気に入っても、求人票に出ていないコメントが書かれていたりすることがあります。
また、応募総数などを聞いて、紹介していただくかの参考にしていました。

相談後、家で再検討してここぞと思うときに申し込みをしていました。

人気のある求人は1週間で取り下げられることもあるので、アンテナだけは立てておいたほうが良いと思います。

職安の担当の方も、人によって話すことが違うので、いろいろ聞いて情報収集することもよいと思います。

それで、活動実績1回になるので、ぜひ試してみてください。

50代は無理がききません。自分のライフワークにあった仕事を探すことも大事なのでいろいろ試してみてください



節約みのる子 | 2016.08.07 11:59 | URL


こんにちは、はじめまして。
ハローワーク・再就職関連語句の検索から辿り着いた者です。
「職業相談した後の検索1回だけは求職活動にカウントされる」との記述に
「良い情報提供だ嬉しい!」と自分勝手に思っていたのですが、
本日、職業相談の方へ確認したら『震災後の暫定対応』によるもので、
被災から5年を経て相談員の人数も確保され変更した…風の説明を受け、
「検索だけでは無カウントか、ハードル上がったな」と嘆いてます。(笑)
求職活動される方は活動実績カウントに苦労は無いと思いますが、
会社都合退職し、次の仕事・就職先はじっくり見極めたい私はちょっと…です。
私のこの記述に信ぴょう性を担保する情報ソース提示ができないので、
夕刻まで「余計なことするな」と躊躇してたのですが思い切って記しました。
こたろうの自己紹介です。
大腸がんを患って手術しても働き続け三年を経た還暦目前の男子です。
(今の所、再発と転移は見つかっておらず、5年間は通院と検査です)
今は県南地域のマンションに夫婦で暮らして居ますが、近くに独居で暮らす義母が居るので震災後に北関東から来た移入者です。
マンションは更に5年ほど前、戸建てに比べ人気が無かったころ購入した90年代の中古物件で、部屋は蜂の巣構造の中間位置なので暖房要らず&年中シャワーで暮らしています。また、夏の太陽熱は上部階に遮られ、部屋は周囲より高く海風が通り、ほぼ冷房も要りません。
北関東は内陸で戸建ては夏暑く冬寒く、宮城の当地がぜったい住みよいです。
仕事は、昨秋、手術で直腸3/4を失った消化器の機嫌うかがいができな時期が在り仕事先と相談し5月まで後任選定で引っ張り会社都合退職しています。
もしかすると新物里芋のカレー(茹でた野菜類、蒸し鶏、茹で卵など添えたご飯皿に業務スーパーのレトルト大盛りカレー辛口を掛けていただく)の影響とも考えられ、今秋も試してみます(笑)
当ブログは、作者の自画像が可愛いこと、写真撮りが素晴らしく上手なこと、出来の良い御子様の話題も読めることなどから今後も拝見させていただきます。御無理の無い範囲で注力し、永く続けてください。
以上、自分勝手な一方的長文、失礼しました。

こたろう | 2016.07.25 20:38 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル