ホーム50代の仕事の話 ≫ 失業保険受給決定後は雇用保険説明会へ参加します~50代の就活4

失業保険受給決定後は雇用保険説明会へ参加します~50代の就活4


50才の私は、去年失業をしていました。

その時の、いろいろな手続きと就職活動のお話を綴っています。

失業が決まった一昨年の年末に、骨折し就職活動のスタートがかなり遅れてしまいました。

今回は、受給資格決定と雇用保険説明会へ参加したお話です。
entry_img_521.jpg
↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
1年前の今頃ごろ骨折のため、受給延長の手続きをして、けがの治療に専念していた私。

この期間は、すぐに働ける状態ではないので失業給付はいただけません。

ハローワークに事情を話、郵送にて受給延長の申請をしました。⇒失業した矢先のけが、失業保険の手続きはどうなるの?~50代の就活2

50代の骨折は治りにくく、筋肉も落ちてしまい、仕事に支障がなく歩けるようになるには5か月ほどかかってしまいました。

その後、医師の診断書をいただき雇用保険延長の職安に雇用保険の再申請行いました⇒50代の怪我で受給期間の延長、回復した後の雇用保険の手続きは?~50代の就活3

申請後受給資格が決定しました。

失業保険の受給が決定すると、ハローワークを利用して就職活動をする機会が増えて行きます。

受給資格決定と待機期間


私は、派遣契約が満了だったので自己都合の退職ではありませんでした。

受給資格決定後、7日間の待機期間があります。

待機期間は失業保険の支給されない期間です。

この期間に単発のアルバイトなど仕事をすると働いた日数分待機期間が伸びていきます。

この7日間を過ぎると、失業保険の支給が開始されます。

私は、会社都合になるのですぐに受給資格が決定しましたが、これが自己都合の退職になると3か月の給付制限があり、その後失業保険の受給が開始されるのです。

待機期間後、雇用保険説明会へ参加


待機期間終了後、雇用保険説明会へ参加しました。

これは、受給資格の申請に行ったときに、参加する日にちが指定されました。

失業保険を申請した時に、「雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり」が渡されます。

その内容の説明と認定日までの就職活動についてのお話になします。

説明は、大体2時間程度かかったと思います。

初めに、しおりの説明に関するビデオを見せられて、その後に雇用保険受給資格者証を渡されるのです。

この受給資格者証はハローワークを利用して、就職活動をした日にちが記載されるものです。

次の認定日の日までに、ハローワークから指定されている求職活動実績をクリアーしないと失業給付は受給できません。

いよいよ就活、今回こそ長期雇用を目指して


ハローワークに行き、雇用保険の説明会を聞いた後、今後の就職活動をどのように進めていくか考えました。

前回の、就職は派遣でした。

派遣は、就業時間がきちんと決まっていて、働きやすいのではと勧められたのです。

しかし、3か月ごとの契約更新。

仕事が余りなかったので、このまま就業していいのか、いつも不安が付きまといました。

その時のことはこちらに書かれています⇒失業して1年!派遣はやっぱり楽じゃない~50代の就活

50代になると頭の回転ははすます鈍くなり何度も繰り返すことで覚えていく必要があります。

今回は仕事を覚えるうえでも、出来ればもう少し長い雇用が良いと思いました。

派遣は、最後の手段として考えることにして、ハローワークを中心に就活することに決めました。

初回認定日までの事は、次の機会にお話しますね。



Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル