ホーム50代の仕事の話 ≫ 失業して1年!派遣はやっぱり楽じゃない~50代の就活

失業して1年!派遣はやっぱり楽じゃない~50代の就活


最近、年のせいか、1年が過ぎるのが速いと感じます。

丁度、1年前の12月派遣終了で失業して1年。なんだかあっという間でした。

長期派遣で働いたのは、この時が初めてでした。今日は失業したころのお話をしますね。
entry_img_497.jpg
派遣って、微妙な立場で楽なじゃかったのです。

↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
私が派遣会社で仕事を紹介していただいたのは、2年前です。

50才目前で、少しでもスキルをつけたいと思いCADの職業訓練を受けていました。

そこで、キャリアカウンセラーの方から就業相談をしていただいたのですが、主人の病気、震災での津波の処理など仕事と両立すべきことがあり、派遣での働き方を勧められました。

派遣は時間がきっちり決められていて、私のような人には働きやすいという事からです。

キャリアカウンセラーの勧めもあったので、訓練校の友達が登録していた派遣会社に早速登録しました。

すると、すぐに連絡が来て、ある会社を紹介されたのです。

年齢が高いことと、CADの実務が未経験だったので、時給はCAD派遣にしては少し安い所でした。

けど、1年ぐらい頑張って仕事が慣れてきたら、時給交渉をしてくださるという事でした。

派遣された職場は、どちらかと言うと、いい雰囲気の会社です。

私の仕事は、期日がある仕事で、忙しい時と暇な時の差がありました。

初めの頃は、手が空いている時間に新しい知識を学ぶことに必死でしたが、数週間も仕事がなく、ただ机に座っている事にが、ちょくちょくあり、次第に苦痛を覚えるようになって行きました。

ただ、事務の方から、新しいシステムを導入する予定なので、その仕事をして欲しいと言われていました。

仕事のない時間は苦痛でしたが、私もそれを期待して待っていたのです。

派遣会社からの交通費は無で働いていました。

お給料から交通費を出していたのですが、途中で交通費が値上りあり。

それでも1年たったら、時給交渉をしてくださるという言葉を信じ、仕事を続けたのです。

丁度、1年過ぎたころに、派遣会社の担当の方に、交通費の値上がりもあり、時給の交渉をお願いしました。

しかし、派遣会社の担当さんから、仕事量にムラガあり、時給の交渉は出来ないと言われてしまいます。

派遣先では男性の正社員が中途採用された事も重なり、もう、私の必要性が無くなっていたのでした。

通勤でたまたま一緒になった、近所の方から『派遣先で仕事がなくて、社員の方に職場ニートと、言われた子がいて、派遣は懲りた』なんて話を聞いて、私と同じだわなんて内心思っていた矢先でした。

そして、派遣が終了。私は失業です。

でも、これでよかったのです。

この後、私は怪我をして、働けない状況になるのでした。

失業保険はどうなるのでしょう?⇒失業した矢先のけが、失業保険の手続きはどうなるの?~50代の就活2
この話は12月24日に更新しました。

Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル