ホーム節約生活 ≫ 大量の大根の保存法!100均セリアの「草除けシート」とプランターを利用する方法とは?

大量の大根の保存法!100均セリアの「草除けシート」とプランターを利用する方法とは?


大根を作っている方から、大根のおすそわけを10本ほどいただきました。

少し保存が出来るように、葉の部分を切り落とし新聞にくるんだ状態で届いたのですが、それでも、すぐに食べきるのは難しそうです。

夏の間、節約プランター家庭菜園を作っていたプランターにそのまま土が残っていました。この土を利用して保存してみようと思います。
entry_img_475.jpg

そういえば、乾燥防止や地温UPに使える「草除けシート」を100均セリアで購入していました。これ使えるかも。

↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

大量の大根をいただいたのですが、実はその前にも実家から3本ほど大根をいただいていました。

こちらは、良くある保存法、葉の部分を2センチほど残して切り落とし、泥はきれいに洗って新聞に包み、さらにビニールに入れて、保存していました。

頂いた10本の大根をすぐに、消費するのは厳しいと思い、長期保存できる方法を調べていました。

大量の大根の保存方法は、いろいろありますが、土に保存するほうが、ある程度の鮮度も保てるのではと考え、夏の間に野菜を作っていたプランターを使う事を思いつきました。

プランターの土を掘って立てて植えてみる


使用したプランターは夏にトマトを植えていたプランターです↓↓
節約のためのベランダ家庭菜園!トマトとバジルは一緒に植えても大丈夫だよ。
2015-11-27e1.jpg
丸いプランターで水切れを起こさないように、給水底面になっており、少し深いタイプを利用していました。

大根は、キレイに処理をして送られてきましたが、新聞を外して、プランターの土を掘り、1本づつ立てて保存することにしました。

活けた大根の周りを新聞でくるむ


プランターに活けた大根ですが、どうしても頭の部分がプランターから飛び出してしまいます。

本来、土の中にむろ作って保存する方法は、大根同士がくっつかないように置き、土ですっぽり覆ってしまいます。

頂いた大根は、大きく育っており、すっぽり土に入れてしまうのは出来ません。


そこで、このように新聞で包んでみました。

2015-11-27e2.jpg

1本づつ、隣同士がくっ付かないように包みます。

大根の向こう側に見えるのは、倒したトマトの葉です。少しプランターに残して大根の周りに保温できるように置いてみました。


新聞で包んだ大根にセリアの「草除けシート」を利用してみる


夏の頃に、なかなか育たない、ナスのために100均ショップのセリアで「草除けシート」を利用してみました。

名前は「草除けシート」となっていますが、雑草防止の他、乾燥防止、地温UPなどの効果を期待できるものでした。↓↓
プランターで育てる、なすの乾燥防止に!100均セリアの「草除けシート」を使ってみる~節約ベランダプランター家庭菜園3

大根も、乾燥や寒さから守ることによって、みずみずしさを保てるのではと考え、新聞で包んだ上からセリアの「草除けシート」をかぶせてみます。
2015-11-27e3.jpg

このようにして、さらに、雪のかからない軒先にプランターを移動します。

これで、少し長めに大根を保存出来そうです。

夏の間、使っていたプランターの土は、便利で、このほかに、別のプランターにネギや、人参も活けています。

軒下ですが少し雨がかかるため、適度に水分が保てるようです。

にんじんは、活けてから1か月ほど経過していますが、掘り起こしたものは、いつまでもみずみずしく頂けるのですよ。

シャキシャキのままなので、サラダなどにしても美味しいです。

これは。みのる子流ですが、にんじんはお勧めですよ。もし、ベランダにプランターに土があまっているのでしたら、お試ししてみてくださいね。




Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル