ホーム断捨離お片付け ≫ 古い制汗スプレー缶の中味を処分する。これは注意が必要でした~断捨離片付けしてみる

古い制汗スプレー缶の中味を処分する。これは注意が必要でした~断捨離片付けしてみる


昔買った、古い、制汗スプレーや、ムースの入ったスプレー缶を見つけました。

かれこれ、15年前に買ったものだと思います。気に入らずに、そのまま放置していましたが、断捨離の意識が高い今、思い切って処分することにしました。今日は、そのお話をしますね。

entry_img_354.jpg

これは髪を固めるためのムースです。少ししか使いませんでした。

↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
15年前のスプレー缶のムースや整髪料、今更使う事もないスプレー缶をなぜ今まで持っていたかというと、中味がほとんど残っていたからです。

中味をどう処分して良いのか、疑問に思い、いつか使うつもりでそのまま放置してしまいました。

私は断捨離やお片付けは苦手なんです。ついつい、溜めこんでしまいます。

けど、どこかで片付けをしなければいけないとは思っています。

最近、100均ショップの「クエン酸」や「重曹」を使って洗面器お掃除しました。ピカピカになった洗面器を見て、ちょっとうれしい。

「クエン酸」と「重曹」を使ったお掃除のお話はこちらに書かれています。↓↓
洗面器のお掃除!100均ショップダイソーの「おそうじ用クエン酸」と重曹できれいになる?

こんまりさんのように「かたづけ祭り」は無理なので、気になったところから断捨離お片付けしています。

そこで、中味の残っているスプレー缶の処分方法を調べてみました。

みなさんご存じだと思われますが、中味を全て出し、空になったか確認して、残ったガスを抜き、自治体の処分方法に従ってゴミに出します。
参考HP 一般社団法人日本エアゾール協会

屋外に出て、中味はビニール袋に古い新聞紙を入れて、そこにすべて出していきます。

■髪のに使うムースのスプレー缶の中身を処分

フリーアンドフリーのスタイリングフォームのヘアトリートメントです。可燃性の高圧ガスを使用しているものです。

ムースは生クリームのように、新聞紙に出てきます。しかし、しばらく置いておくと水に戻るのですね。

そのまま新聞紙に吸収されました。

■脇の下に使う制汗デオドラントのスプレー缶の中身を処分

トップバリューのデオドラントスプレーです。可燃性高圧ガスはLPGを使用しているものです。

制汗デオドラントの中身の処分は注意が必要でした。ゴム手袋をはめて噴霧してください。

こちらもビニール袋に古い新聞紙を入れて、その中に中身を出していきました。

こちらは細かいパウダーが出てきます。

素手のままで、スプレー缶の上の部分を押しながら中身を出し、しばらくすると、急に指先に痛みが走りました。

知らず知らずのうちに、指先に制汗デオドラントが付着しており、それで冷たくなり過ぎたのか痛くなりました。

いったん作業を中断して、ゴム手袋をはめて、再度中味を出していきました。

制汗デオドラントは、細かいパウダーなので、袋に向かって噴霧しても、風の流れでほとんど散っていきました。

2015-9-10e1.jpg

前のものが、制汗デオドラント、後ろのスプレー缶は、子供が現在使っているもので、中味が無くなっても、めんどくさがって処分をしていませんでした。

これも、中身が残っていないか、確認して処分です。

家の自治体では、スプレー缶は中身をすべて出して、穴をあけて、缶を収集する日に出します。

中味を出しす際には、制汗料やムースの匂いも、残っている中味が多いとかなりきつい臭いです。

ガスを吸っているいると思うので、マスクをして処分した方が良いと思います。

いかがでしたか。
古いスプレー缶の中身の処分、マスク、ゴム手袋を忘れずに

Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル