ホーム高血圧・片麻痺・体のこと ≫ グレープフルーツ類はどれ?「野菜の便利帳」で薬との食べ合わせの確認が必要でした。

グレープフルーツ類はどれ?「野菜の便利帳」で薬との食べ合わせの確認が必要でした。


ベランダのプランターで旦那が野菜を育てている。
家で育てている野菜のことを知りたくて
もっとからだにおいしい「野菜の便利帳」と言う本を買ってみました。

意外な野菜が相性が悪かった。「野菜の便利帳」で食べ合わせを考えてみる

中には柑橘系の種類も書かれていました。

高血圧の薬を飲んでいるので、グレープフルーツ類と薬との食べ合わせが気になります。

↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
みのる子は少しだけ食事を意識しています。
それは、旦那が脳出血の後遺症で片麻痺だからなんです。

脳卒中は生活習慣病です。1度かかると10年間の再発率は50%です。

再発を防止するために、脳外科に行くと、厳しい食事指導を言い渡されるのです。
↓↓そのお話はこちらにも書かれています。
その一口が死の恐怖。塩分を節約する訳は?

私が再確認したかったのはグレープフルーツ類。
血圧の薬を飲んでいる人の中には、これを止められている方もいらっしゃるのでは?

ウチの旦那もそうです。カルシウム拮抗薬を服用しているので、グレープフルーツは薬が効きすぎてしまうために止められています。

先日、薬剤師さんにグレープフルーツの種類を再確認してみたのですが、種類がありすぎて、答えられませんで自分で確認する必要がありました。

野菜のことを知るために、もっとからだにおいしい「野菜の便利帳」と言う本を買ってみたのですが、そこに、柑橘類の種類も書かれています。

大きく分けて、ミカン類・グレープフルーツ類・香酸かんきつ類と分かれています。本だけでは分からないものもあったので、調べてみました。

このなかで、薬との相性が悪い柑橘類は
文旦・グレープフルーツ・絹皮・スウィーティー・ハッサク・晩白柚・夏ミカン・ダイダイ・サワーオレンジ・日向夏・伊予柑、結構あるのですよね。

ダイダイは香酸かんきつ類なんです。よく、お料理に掛けるために付いてくるものが、香酸かんきつ類のようです。

グレープフルーツ類以外に注意するものがあるのですね。

私、伊予柑は食べさせてしまいました。

急激な変化は見られなくて、事なきを得たのですが、薬の説明書にはグレープフルーツ以外の記載がなく、大丈夫だと思っていたので怖いことです。

では、大丈夫なかんきつ類はどの種類なのか調べてみました。
温州みかん、オレンジ類、ネーブル、せとかは大丈夫です。

清美もみかんとオレンジの掛け合わせなので大丈夫そうです。

レモンや、ライム、ゆずやすだちも大丈夫でした。

↓↓こちらを参考にしました。詳しくこちらのPDFにて確認できます。
グレープフルーツおよび他の柑橘類との薬物相互作用

厄介なのは、ドレッシングや野菜ジュースなどに入っているものです。

さっぱり系には、グレープフルーツが入っていることがあります。

先日、買ったわさびドレッシングにはだいだいが入っていました。

裏に書かれている、表記を見て確認できるときは、グレープフルーツなどが入っているものを避ければよいのですよね。

ただ、外食時に最初からサラダにドレッシングがかかっているときには注意が必要です。


いかがでしたか。
新しい種類がどんどん出てくるので、時々、確認してみることも大事。安全なミカンやオレンジを選ぶのがよさそうですね。






Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル