ホーム節約生活 ≫ ウオッシュレットは必要か?電気代の節約を検討してみる

ウオッシュレットは必要か?電気代の節約を検討してみる


わが家の実家は震災で津波に被災したので
高台移転で小さな家を建てました。

仮設より広くなることで、電気代は高くなると思っていましたが
何か電気代を節約できる機器がないか、検討してみました。
entry_img_234.jpg

調べてみるとウオッシュレットに節電モードがありました。

↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
昨年、高台に立てた小さな家
新しい家は便利な家電がおおい。

電気代も高くなるとは想定していましたが
暖房を使わない時期になっても結構高い。
↓↓そのお話はこちらに詳しく書かれています。
18坪の小さな家に必要なアンペア数とは?電気代節約を検討してみる


わが家6月の電気代は 7,880円です
小さな家の電気代は4,990円

先月の我が家の電気代が7,200円
先月小さな家の電気代が5,660円

小さな家は670円ほど安くなりましたが、

朝日とともに起きて、夜は早く寝る生活なので
日頃の電気の使用方法を見ても、まだ高い。

調べてみると、ウオッシュレットを入れたのですが
温水が、貯湯式なのか瞬間式なのかで電気代が違う。

貯湯式ですと24時間温水を温めるために
電気を使用しているとわかりました。

我が家貯湯式の機種。
それには通常モードと節電モードがありました。

1日の通常での使用は貯湯式で消費電力は350Wです。
350W×24H×30日=250kw

節電モードにすると、温水を温める時間が8時間ごとになります。
8時間は温水を温めて8時間は電気が切れるという設定

24時間で1/3ほど節電できます。
350W×(24H-8H)×30日=168Kw

250kw-168kw=82kw

節電モードのすると82kwほど電気が節約になります。

小さな家で確認すると、通常モードで使用されていました。
節電モードで様子を見ようかと考えました。

けど、ウオッシュレットは必要なのか?
どうやら、ウオッシュレットは使用していない。
なので、夏の間は暖房便座ごと電源を切ることにしました。

便座カバーを使用すれば、便座はヒンヤリしません。
これで、1か月250kw分の電気量が節約になります。
このまま、様子を見ていきたいと思いました。


いかがでしたか
ウオッシュレット意外と電気代がかかっているかも。

Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル