ホーム高血圧・片麻痺・体のこと ≫ 脳出血の次は前立腺がんの疑いあり?前立腺がんの予防の方法とは?

脳出血の次は前立腺がんの疑いあり?前立腺がんの予防の方法とは?


脳出血で片麻痺になった旦那様。
脳出血を患ったのは8年前のこと。
今度は定期健診で前立腺がんの疑いです。

entry_img_220.jpg


脳出血の次は前立腺がんの疑いあり
今回も、血液検査でのPSAは高いまま。
このまま、様子を見ることになります。

↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
脳出血を患ったのは8年前48才の時でした。
旦那は自営業、そして私は専業主婦でした。
旦那が病気になることは、我が家は収入源が途絶えてしまいます。

その後、主治医から脳出血を患った人の10年間の再発リスクが50%と聞かされ

栄養士からの食事指導は2回ほど受けています。
減塩と体調管理は再発のリスクを回避し生活していくうえで、とても大事です。

↓↓減塩の話はこちらにも書かれています。
その一口が死の恐怖。塩分を節約する訳は?

脳出血の方は、管理がうまくいっていて、先日動脈硬化の検査を受けたら

夫婦そろって、10歳近く血管が若いという数値が出ました。
みのる子はずぼら主婦で食事の管理に不安があったのでちょっと安堵しました。
↓↓そのお話はこちらにも書かれています。
血管年齢が簡単にわかるの?390円で動脈硬化検査CAVI(キャビィ)を受けてみました

でも、旦那はもう一つの体調に不安を抱えています。

前立腺がんの数値が高いのです。
これは、市で行われていた検診で見つかりました。

50才から2度ほど精密検査を受けています。
前立腺がんの精密検査は入院して行うのですよ。

前日から食事を制限されて、局部麻酔を使い
直腸側から10か所細胞を取られるという事です。
痛さは感じないはずなのですが、本人はちくっとするらしいです。

2度の検査ともがん細胞は出なかったのですが、
PSAの数値は下がりません。

今回はその後の検査でPSAの数値を計ります。
血液検査でわかるものです。

PSAは前立腺の上皮細胞から分泌されるタンパクで、ごく微量が血液中に取り込まれ、その値によって「PSAが高い」と判断します。

4ng/mL前後が基準値になるのですが、旦那の場合8.74ng/mLです。
この数値が上がっていくようでしたら、がん細胞の可能性が大きくなります。

今回の検査では7.23ng/mL少し下がっています。けど前立腺がん予備軍には変わりません。

では、前立腺がんを予防する方法はどうしたらよいのでしょうか?
調べてみました。


がんを防ぐ12ヶ条

・バランスのとれた栄養をとる
・毎日、変化のある食生活を
・食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに
・お酒はほどほどに
・たばこは吸わないように
・食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多くとる
・塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
・焦げた部分はさける
・かびの生えたものに注意
・日光に当たりすぎない
・適度にスポーツをする
・体を清潔に


出典 日本対がん協会HPより

やはり食事が入っています。変化のある食生活は
意外と難しいですね

いつも新鮮な食材を使っていればいいのですが
みのる子は、毎日買い物には行かずに買い置きしているものもあるので
これからの季節、カビなどにも注意が必要です。

体を清潔に保つことも大切なのですね。
お風呂も毎日入るので大丈夫でしょう。

今回は数値が下がっていたので、入院しての精密検査にはなりませんでしたが、PSAの数値が高いことには変わりません。

検査と言えども、旦那の入院は不安がつきものです。
前立腺癌を防ぐための12か条しっかり意識していきたいものです。

Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル