ホーム東日本大震災のこと ≫ 18坪の小さな家に必要なアンペア数とは?電気代節約を検討してみる

18坪の小さな家に必要なアンペア数とは?電気代節約を検討してみる


東日本大震災で津波に被災した実家。
昨年の秋に防災集団移転で高台移転をしました。

18坪の小さな家を建てたのですが、
電気代が高いことが気になります。

entry_img_186.jpg

小さな家で1か月5,660円
こんなにかかるものなのか、
電気代の節約を検討してみることにしました。

↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
昨年、秋に18坪の小さな家を建てています。
確かに、今の建物は便利なぶん、家電製品は多いです。

この家の建築はすべて任されたので
全て私たちが決めました。

収納の数も多めに作っていたのですが
いつも間にやら、荷物が増えていておかしなことになっていました。
↓↓そのお話はこちらです。
18坪の小さな家の壁面収納と古い家具の処分を考えてみる

家の床はモミの木、そしてスピンオフという壁材を使用しています。
これが、暖かで小さな暖房器1つとこたつで冬を越しました。

暖房を使う時期が終わり、電気代は下がってくると思われたのですが。
期待していたほど下がっていません。

母は日の出とともに起きて
日の入りとともに寝る生活。電子レンジはほぼ使用しません。
炊飯もまとめて炊いて、冷凍保存、蒸かして食べる生活です。

1か月の電気代が5,660円
同じ月の我が家の電気代が7,200円

わが家はPCは3台。普通の家にある家電のほかに
息子のアンプなどがあり、夜も1時くらいまで起きています。

普段の生活で、ほとんど電気を使っていないと思われる
実家ですが、あまり電気代が高いので調べてみました。

すると、まず、基本のアンペア数が違います。
わが家は40A、実家は50Aでした。

エアコンは設置しましたが、非常時のみの稼働になりますので
いったい必要なアンペア数とは?いくらだろう。
これは、アンペアを下げても大丈夫だと思いました。

24時間使用している家電で、我が家との違いは浄化槽です。
浄化槽はフジクリーンのCE-5人槽です。

ブロアーポンプに電気がかかるという事ですが調べてみると
消費電力は33Wのエコ使用になっていました。
33W×24H×30日=23.76kw

もう一つの違いはウォッシュレットです。
うちは暖房便座のみです。

これは、リクシルのトイレでした。
これは、ウオッシュレットのお湯が貯湯式か瞬間式かで
電気料金が違うようです。

貯湯式の方が24Hお湯を保温するために電気料金がかかります。
これを調べると、貯湯式でした。消費電力は350Wです。
350W×24H×30日=250kw

冷蔵庫はエコ家電で年間の電気料金は7,000円位です。
1か月は600円ほどなのでこれではありません。

原因はウオッシュレットです。
仕様書を見ていくと、節電モードがありました。

アンペア数を下げて、ウオッシュレットを節電モードに変更するだけでも
電気料金が節約出来る余地があります。

便利と思って設置した、家電ですが調べてみると
使い方によっては必要のない設備もあるのですね。
次は使用状況を確認してから、節電に踏み切りたいと思います。

いかがでしたか?
新しい家の電気代が高い
そんな時はトイレが原因かもしれません。

Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル