ホーム節約生活 ≫ 家事疲れ撃退!キッチンを使いやすくする極意を「あさイチ」から学ぶ

家事疲れ撃退!キッチンを使いやすくする極意を「あさイチ」から学ぶ


整理整頓が上手な主婦は
キッチンもスッキリ使いやすく整理されていると思います。

私は苦手なのですよね。
ざっくりと、分けられていても、スッキリとはいきません。

今日の「あさイチ」で家事疲れ撃退!のお話をしていました。
entry_img_146.jpg

みのる子、ただ今キッチン下収納を見直し中です。
この機会に、キッチンを使いやすくする極意を
学んでみる
ことにします。
↓↓こちらにはおもしろい話がたくさんあるよ~
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
キッチン下の収納を見直して
片付け中の、みのる子。収納されていたものを
出してみると、今は使われていないものが出てきました。

↓↓そのお話はこちらから。
20年物のチンキは、恐ろしいから断捨離します!~キッチン下収納の見直し

キッチン下の奥にしまわれていた、チンキや
同じ用途に使うクレンザーなどが出てきました。

NHKの「あさイチ」では、スーパー主婦の足立洋子さんの
極意をお話していましたので、キッチン下収納で
活用できそうなので自分なりにまとめてみました。

スッキリ片づけをするためには
だわへし=だす、わける、へらす、しまう。
この作業で、あるだけを退治することが大切になるようです。

物を、出してみて、まず4つのカテゴリに分ける。
1.大活躍
2.スタンバイ
3.あるだけ
4.不用品

4つのカテゴリに分けた後に、不用品は処分し
それぞれの居場所を決めて
収納するという事でした。

1.大活躍
毎日使うもので、手が楽に届く場所へ
箱などに一まとめに入れておく

2.スタンバイ
毎日使うものではないが、必ず使うもの。
化粧箱に入れて収納している食器も
スタンバイのものは、箱から出して使えるようにしておく。

3.あるだけ
不用品ではないが、分類できないものは
あるだけにいったん入れておき、あるだけの
スペースを決めておく。

箱に入れて収納し、引き出して使う、これが一目で
物の量がわかり、かなり便利なのですよ。
家事の時間の節約になるようです。

たとえば、レジ袋のように、どんどんためてしまうものは
縦横4等分にたたんで、箱にしまって置く、適量以上は
処分する。蓋のない箱に入れるのです。

この、適量を決めることが重要なんですね。

私の場合、意外とタッパーがおおいです。
重ねて収納しているものの、おまけとして頂いたり
して、溜まっていきます。

新しいものだと、処分するのも躊躇します。
先日も、家電を購入したら、袋の中に
タッパーが3つも入っていました。

レジ袋もそうですね。今はレジ袋が有料なので
どこでも、頂けるものではありません。すると
とりあえず保管してしまいます。

確かに使う事はあるのですが、三角折をしているので
大きさなどは、開いてみないとわからない。
必要な大きさを探すのに時間がかかっていました。

箱を使って大きい順に並べれば、探す手間が省けて
時間の節約になるのですね。

ただ、整理するまでにずぼら主婦の私は、
なかなか腰が上がらない。

これも、思い立った時がチャンスとお話していました。
そして、急に片付けようとはせずに、あるだけ、を探し
分類して一度、遠ざけて目をつぶる。

分類してあるだけ、を意識することが大事なようです。

キッチン下収納の見直しで、だわへし実行中の私
出す、分ける、減らすまでやっているので
あとはしまうだけなんです。

使用頻度に分けて収納しようと考えていました。
箱で分類する。これは、キッチン下収納では
やったことがありません。

やってみる価値がありそうです。
思い立った時にやってみますね。

いかがですか?
家事疲れ解消になるとうれしいですね。

Ads by Google

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル