ホームプロフィール ≫ 「100均ラブ」に目覚めたきっかけ。楽しく節約生活のコツ

「100均ラブ」に目覚めたきっかけ。楽しく節約生活のコツ


はじめまして。みのる子です。東京オリンピック生まれの
宮城に住む50歳のアラフィフ主婦です。
母アイコン

私には主人と2人の子供がいます。25歳社会人と
21歳の大学生です

社会人の娘が一人暮らしを始めることになり、その準備のために
訪れた100均ショップで、びっくり。

100均の商品って、どこかチープで使い捨てなんて
勝手に思っていましたが、うきうきするアイテムがいろいろ揃っています。


↓↓続きを読む前のあなたの一押しがとっても嬉しいですm(__)m
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


子供の新生活の準備のためにと訪れた100均ショップ。おしゃれな雑貨や便利な生活用品が沢山あるのですよね。

子供のための間に合わせではなくて、自分の節約生活にも役に立つ商品を見つけて心が躍りました。

これが、私の100均愛好生活の始まりです。

■新生活の準備に100均グッズはとても重宝します

この春、25歳の子供が自立することになり、いろいろ、生活の必需品が必要になりました。

結婚するわけではないので、とりあえず、最低限生活用品を100均ショップを見に行ったわけです。

最近の100均グッズの充実ぶりに驚きました。

ハンガーは物干し用から、スラックスがかけられるようなものまで数種類。

ごみ箱から食器まで充実し、節約主婦が出費を抑えることからも、使ってみる価値があるのではと思いました。

充実した品ぞろえのダイソー、おしゃれ雑貨のセリア、そしてキャンドゥ、これ100円で買えるの?という商品も沢山あるのですよ。

■節約生活が必要なわけ

50歳のみのる子、旦那は56歳で自営業で暮らしです。

旦那は7年前に脳出血で倒れて、5時間も誰にも発見されなかったことから左半身に麻痺が残りました。

当時は出血が止まらず、脳死を覚悟してと医者から言われました。

懸命の治療とリハビリで奇跡的に歩行できるまで回復を遂げて、現在、片麻痺でありながら動く右手で細々と設計のお仕事をしています。

しかし、生活が厳しい時に住宅ローンを最大限に延長してしました。

住宅ローンは80歳まで延長して、支払いは毎月15万円。みのる子は昨年12月で派遣が終了。

今は、主人の震災復興の仕事があり何とかローンを支払っています。

しかし、旦那が80歳まで働けるとは到底思えません。

遠くない未来に訪れる、障害者と暮らす老後の生活。障害者の年金は月6万とほぼ決まっているので、将来の不安はつのります。

でも、つつましく暮らすなか、工夫をすることで、心豊かな日常を楽しんでいきたいと考えています。

庶民の味方、100均ショップを利用しての、シンプル&ミニマムライフをお伝えしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

といっても、コンビニなどの新商品には目がないですし、スーパーでもつい余計なものに手が伸びてしまう誘惑に弱いところもあります。

そんな自分を自覚して、目的に向かってお財布の紐を締めていけるように、節約生活をブログに綴っていくことにしました。

同じように、節約生活を送る、あなたのお役に立てればうれしいです。

みのる子にメールする⇒ここからお気軽に質問してください。

Ads by Google

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 100均で節約生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル